解決事例

  • 相手方妻の意向も容れつつ早期円満離婚を獲得した事例相手方妻の意向も容れつつ早期円満離婚を獲得した事例 依頼者 40代男性、会社員 ご相談内容 別居する妻と早く離婚したいが、妻の要望がよくわからないため困惑している。とはいえ、離婚後も妻や子が困らないようある程度手当してやりたいので、円満な離婚をしたい、とのご相談でした。 当事務所の対応と結果 相手方妻にも代理人が付き交渉したところ、妻側も離婚意思があったので、条件面を丁寧に話し合い。妻側の要望により債務名義化するため、形式的に調停を行い第1回期日で成立終了するなど、スピーディーな解決を図りました...続きを読む>>
  • 不貞行為を行う夫と離婚し、夫と相手女性双方から交渉で慰謝料を支払わせた事案不貞行為を行う夫と離婚し、夫と相手女性双方から交渉で慰謝料を支払わせた事案 依頼者 30代女性、会社員 ご相談内容 夫が不貞行為を繰り返しているため離婚を決意。早く離婚したいが、慰謝料も取れれば取りたいとのご相談でした。 当事務所の対応と結果 別居後から夫と交渉を開始し、同時に不貞相手の女性にも慰謝料請求。双方同時に進行させ、総額300万円の慰謝料を獲得し夫との早期離婚を勝ち取りました。
  • 長年別居した妻子らとの確執による諸条件を調整して調停離婚を勝ち取った事案長年別居した妻子らとの確執による諸条件を調整して調停離婚を勝ち取った事案 依頼者 80代男性、会社経営者 ご相談内容 内縁の妻及び子があるが、数十年別居している妻との籍がそのままであり、区切りのため離婚したい、ただ、妻が多額の現金を使い込んでおりこれを解決したいとのご依頼でした。 当事務所の対応と結果 交渉は困難と判断し離婚調停を申し立て係属。もっとも、妻側は夫の不貞行為が許せず交渉が難航。調停中、妻との間の子の相続問題、内縁の妻との子との問題、墓の問題など関係問題が噴出。離婚調停の枠組みを超え...続きを読む>>
  • 居所不明の外国籍妻に対し、仮処分を行った上で訴訟で和解による離婚を勝ち取った事案(渉外)居所不明の外国籍妻に対し、仮処分を行った上で訴訟で和解による離婚を勝ち取った事案(渉外) 依頼者 40代男性、会社員 ご相談内容 外国籍の妻が不貞行為を行い離婚を考えているが、子の親権を自分(父)が確実に取りたい、また、居所不明で今後どうやって離婚をすればよいか教えてほしい、とのご相談でした。 当事務所の対応と結果 外国籍の妻の預金及び保険解約金等に対し、不貞行為に伴う損害賠償請求権を被保全債権として仮差押えをして保全を図った上で、離婚訴訟を提起。妻が居所不明であるため、外国人登録原票記載の実家...続きを読む>>
  • 交渉による早期離婚を勝ち取った事案(渉外)交渉による早期離婚を勝ち取った事案(渉外) 依頼者 30代男性、会社員 ご相談内容 性格の不一致で妻と離婚したいが、妻と話し合いをしても態度がはっきりせず離婚に応じない。自宅から出て行ってほしい。一刻も早く離婚したいが、なるべく財産分与はしたくない、というご相談でした。 当事務所の対応と結果 任意交渉で早期に離婚を勝ち取るためには財産分与はゼロにはできないが、所有する自宅不動産の評価額の考え方や、特有財産主張やその他事情を主張することで可能な限り分与額を小さく主張しました。また、外国籍の妻には何...続きを読む>>
  • 交渉、調停、訴訟を経て和解による離婚が成立し相応の解決金を獲得した事案交渉、調停、訴訟を経て和解による離婚が成立し相応の解決金を獲得した事案 依頼者 50代女性、パート勤務 ご相談内容 長年精神的DVを受け離婚を決意。ご相談時は同居中であり、今後どのようにしたらよいかの相談を受けました。子の学費の取り扱いについても大きな争点でした。 当事務所の対応と結果 別居後に夫との離婚交渉を開始し、交渉・調停を経るも納得しうる条件に至らなかったため、離婚調停は不成立とし、婚姻費用分担調停のみ成立させ当面の生活を確保。その後訴訟提起し、特有財産主張など妻側に有利な主張を最大限行...続きを読む>>
  • 交渉で有利な条件で離婚成立をした事例交渉で有利な条件で離婚成立をした事例 依頼者 20代女性、会社員 ご相談内容 夫との不貞行為発覚により別居開始。早期に有利な条件で離婚したいとのご相談でした。 当事務所の対応と結果 夫側にも代理人弁護士が付き、弁護士間で交渉。当方は客観的証拠を元に不貞行為を主張し、相手方もこれを認め、当方の要求をほぼ認めさせる離婚条件を成立させました。また、離婚に際して、残置動産、ペット、鍵、保険証受渡しなどについても細かく対応し解決しました。
  • 財産分与金の確実な回収を行った事例財産分与金の確実な回収を行った事例 依頼者 60代女性、パート勤務 ご相談内容 元夫と離婚が成立し、離婚に伴う財産分与金は自宅不動産金が予定されていたところ、元夫は浪費癖があり不動産売却金を隠匿又は費消してしまうおそれがあるので、確実に支払ってほしいとのご相談でした。 当事務所の対応と結果 自宅不動産に対して仮差押又は差押手続きを検討しましたが、既に売買契約が締結されており、決済まで時間がなかったため、不動産売買代金債権の一部の譲渡を受け債権譲渡手続きを経た上で、仲介不動産業者との折衝を繰り返し...続きを読む>>
  • 離婚して財産分与金を長期分割払いとし実質上子の養育に充てた事例離婚して財産分与金を長期分割払いとし実質上子の養育に充てた事例 依頼者 50代男性、会社員 ご相談内容 別居する妻と離婚調停を行ったが離婚調停は不成立で終わり、婚姻費用だけ支払い続けているが、その後も離婚の話が進まず困っているとのことで当事務所にご相談されました。 当事務所の対応と結果 依頼者の代理人に就任して交渉を開始したところ、妻側にも代理人弁護士が就き、離婚調停が係属。依頼者は、以前調停で決定した婚姻費用以外に高額な学費を払っていたことから、これを考慮した夫に有利な離婚条件を提案しました。...続きを読む>>
  • 調停で早期に離婚と財産分与を獲得した事例(渉外)調停で早期に離婚と財産分与を獲得した事例(渉外) 依頼者 40代女性、自営 ご相談内容 夫婦とも外国籍、日本在住。別居中であり子も成人になったことから離婚を希望されていました。また、夫がどのような財産を有しているかわからないが、事業を行っていたことから、なるべく多くの財産分与を希望されていました。 当事務所の対応と結果 任意交渉では埒が明かないため、早期に離婚調停及び婚姻費用分担請求調停を申し立て、調停内で全ての財産開示をさせました。粘り強い交渉の結果、2000万円以上の財産分与を得ました。また...続きを読む>>

「離婚調停・訴訟」・「財産分与」・「お金の問題」に注力する、 地域の女性弁護士に ご相談ください。

近隣のオフィスに勤める方の相談も多くいただいております。お子様づれのご相談もOKです。

秘密厳守。離婚・不倫のご相談は初回30分無料。

電話でのご連絡03-3518-9975(相談受付時間 平日 9:00~18:00)

メールでの相談(24時間受付)

平日18時以降はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。ご連絡いただければ原則翌日の午前中(土日の場合月曜午前中)にご返信いたします。

法律相談のご案内

面談は完全予約制です。

電話でのご連絡03-3518-9975(相談受付時間 平日 9:00~18:00)

メールでの相談(24時間受付)

時間外相談・当日相談・土日祝日相談、可能な限り対応いたします。

秘密厳守。離婚・不倫のご相談は初回30分無料。

お会いして!自宅で!海外から!

3 つの相談方法に対応しています。

詳細はこちら

離婚について
知りたい(お金)

当事務所は静岡県にお住まいの方の離婚相談に対応しております。静岡市出身の弁護士が対応いたします。
ページトップへ